ブレーキ

自動車には当然ですが、減速、停車するためのブレーキがあります。
これは基本的には運転手が調整し、扱います。
ブレーキには、実はさまざまな形態のものがあり、特徴もそれぞれです。
もっとも代表的で、使用頻度が高いのがフットブレーキと呼ばれるブレーキ方式です。
フットブレーキはペダルを足で踏み、ブレーキをかけるブレーキです。
足を使ってすぐにブレーキをかけることができるので、走行中の速度の微調整、急停止などに役立ちます。
ただし、近くにアクセルペダルもあるので、ブレーキペダルと踏み間違って事故を起こすケースもあるので、注意が必要です。
フットブレーキは自動車の重量が重く、足を踏み込む力が小さい人(女性など)でも、らくらく扱えるのが特徴です。
他に、サイドブレーキと呼ばれるものもあります。
自動車を停止させているときに、誤って、また勝手に動かないようにするためのブレーキです。
センターコンソールの横のレバーによってかけるものと、フットブレーキ同様、足で踏み込んでかけるものの2種類があります。
停車中、運転手の意図しない動きを自動車が起こすと、さまざまな危険が生まれるので、サイドブレーキの意義は大きいです。
また、他にもエンジンブレーキなどのブレーキ方式があります。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 自動車技術情報 All Rights Reserved.