エンジン

自動車の特に重要な機関はエンジンです。
エンジンによって、自動車は走行を可能にし、われわれを運んでいってくれます。
他の器官や部位は、その走行を補助するものといえるでしょう。
エンジンは、基本的に、燃料と空気を利用することで、内部に爆発を起こさせ、エネルギーに変えています。
実はエンジンの種類にはさまざまなものがあり、自動車のタイプによって、使い分けられています。
市販されている自動車に使われている、一番一般的なエンジンといえば、レシプロエンジンです。
また、燃料には、軽油とガソリンが使われています。
ガソリンにはレギュラーとハイオクの2種類があり、ハイオクは高性能エンジンの燃料に使われます。
特に高性能エンジンというわけでなければ、レギュラーが使われます。
レシプロエンジンは、まず円筒状のシリンダーにおいて燃料を爆発させます。
それによって起こったエネルギーでピストンが上下に動き、クランクシャフトによってエンジン回転へとエネルギーを利用して、エンジンの原動力となります。
また、「吸入」、「圧縮」、「爆発」、「排気」の4つの段階を踏む、レシプロエンジンを4ストロークエンジンと呼びます。
他にも、ロータリーエンジン、ハイブリットエンジンなどのエンジン方式があります。

    注目情報

  • 20代~50代の方を対象にした社会人サークルを神戸で探すなら、大人らしい、また社会人らしいモラルあるイベントを提供しているので、安心して参加することが出来ます。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 自動車技術情報 All Rights Reserved.