ステーションワゴン

ステーションワゴンは、いわゆるワゴンと呼ばれているタイプの自動車です。
ステーションワゴンは、乗るための空間と、荷物を入れておくための空間が1つになっているのが最大の特徴です。
セダンやクーペと比べると、実用性に特化された機構となっており、その荷物の許容積載量の高さが人気の秘密です。
荷物をたくさん載せられることから、道具などをその分、持ち込められるので、旅行などに適しています。
走行性能や、乗り心地も優秀なので、交通手段となる自動車としては、もっとも原点を生かしたタイプといえるでしょう。
ただし、ステーションワゴンは趣味的なニーズは低いです。
やはり、セダンやクーペと比べると、ボディが大きい分、そのデザインのかっこよさや、シャープさは劣るので、道具の持ち運びには適していても、単純なドライブにはあまり適していません。
まさに交通手段としてメリットの大きい自動車ですから、家族や友人とたくさんの荷物を持って出かけるときなどに適しています。
しかし、最近ではスポーツカーとしての特徴を実装したタイプのステーションワゴンもあり、ドライブ性の高いものも登場しています。
ステーションワゴンは、自動車はその実用性が一番!という人に適したタイプの自動車です。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 自動車技術情報 All Rights Reserved.